2009年02月09日

代表通信

今日は、1日トマトケチャップを作っていました。

 前々回のときに、トマトケチャップの話をしました。
その続き、の話をします。
 (1)トマトを水洗いします。
 (2)ヘタとりをします。
 (3)ミキサーにかけます。
 (4)分離機にかけます。
 このときの、トマトジュースがなんともいえないくらい美味しいです。
なんといっても、搾りたてですのでたまりません。
 (5)蒸気釜で煮ていきます。
 (6)充填機に移します。ここで瓶詰めします。
 (7)蒸気消毒をします。
 (8)最後に、冷却をします。

 以上が、トマトケチャップの行程表です。

色々書こうと、思っていましたが今日はなんだか疲れ気味なので、この辺にしときます。

 では、また来週まで元気を出して頑張るぞ!
posted by torigoe at 18:07| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記(代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

代表通信

1週間お休みさせて、頂きました。

 今、赤村では地域おこしで、2つのことを取り組んでいます。

 (1) 赤村商工会主催で、赤村の地域ブランド作りをやっています。
    
    100年の村、赤村    赤村は、神代のころから米どころ
    有機農業のモデルとなる村。
   「赤」ブランドとは
   (1)主原料が赤村産であること
   (2)赤村で加工された製品であること
   (3)消費者も生産者も幸せであること
   (4)人と環境にやさしいこと
   (5)できれば赤い色にこだわりたい

 赤村は、「日本書紀」に「我鹿屯倉(アカミヤケ)と表記され、「古事記」には、「阿柯郷(アカゴウ)」として登場します。
 屯倉とは、大和朝廷が直轄する穀倉のこと、阿柯は、仏教語で浄水のこと。
 二つのことばの響きから、美味しい水があり、稲の収穫量が多く、実り豊かな村であったことがわかります。特に米は奉納米として扱われていたことから、昔から味に定評があったのだろうと今日に伝えられています。

 (2)「有機農業推進法」にもとづいて、農林水産省は有機農業総合支援対策事業を全国45ヶ所に認可しました。赤村もそのうちのひとつに、選ばれました。福岡県では、赤村が唯一選ばれました。
 いまそれで、自分たちの活動の記録としてビデオを作ったり、リーフレットを作ったりしています。

 今その会議が、終わったところです。

 今日は、この辺で失礼します。
posted by torigoe at 17:37| 福岡 | Comment(0) | 日記(代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

代表通信

また、1日遅れました。

 1週間のたつのは、早いですね。
前回の続きで、トマトケチャップの話をしないといけないのですが、今うちはセロリの出荷の真っ最中です。そこで、セロリの話とセロリのレシピをきょうは 1つ紹介したいと思います。

セロリは、せり科の植物です。ですから、セリはもちろん人参も仲間です。セロリの栄養・効果は抜群で、全身の代謝をよくするカロチンと、ストレスに対する抵抗力をつけるビタミンCをふくんでいて、胃を健康に保ったり、血圧降下・鎮静などの作用があると言われています。

 セロリの利用法としては、セロリの葉は、刻んで入浴剤にすると、湯冷めしにくくなります。血圧があがった時は、刻んで絞った汁に、ハチミツを混ぜたものを飲むと、効果があると言われています。

 セロリの食べ方
1、実よりも葉の方に栄養があると、いわれていますから捨ててはいけません。肉や魚の臭み消しに効果がありますよ。
 セロリの葉をいれたスープは、精神が不安定なときなどにも効果があるといわれています。
2、セロリの浅漬け
 <材料>
 ・セロリ     2本
 ・浅漬けの素   適量
 ・ニンニク    お好み
 ・唐辛子(タカノツメ)適量

 <作り方>
 1、ニンニクは、皮をむきスライスにしておく。
 2、セロリを斜め薄切りにする。
 3、セロリ、ニンニク、唐辛子に浅漬けの素をかける。
 4、セロリのシャキシャキ感がのこる程度(約30分)に漬け込む。

 これはおすすめです。本当に、おいしですよ。
 是非試してみてください。
posted by torigoe at 10:42| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記(代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

代表通信

すいません。

 当番の責任を果たしてなくて申し訳ありません。

昨日は、トマトケチャップを作っていました。
そこで、トマトケチャップがどうやって出来ているのか、お話したいと思います。
 材料は、もちろん鳥越農園の完熟トマトです。
3月10日位から4月10日にかけて、10日おきに定植をします。
品種は、桃太郎ファイトです。ええーー。加工をするのに、生食なんですか?
 そうなんです。うちのトマトケチャップはよそと違うのは、まずそこなんです。生で食べられる、しかも木で充分うらせたーーそうなんです。いわゆる、完熟トマトを原材料にしています。
 栽培の方法は、有機肥料すなわち油かすやこっぷんを使って作っています。栽培時期が、春から夏のためマルチは白黒マルチかシルバーマルチを使います。
 マルチについて、少しお話をします。
私たちは、どうしても自分を基準に物事を考えます。
マルチ、が専門用語だときずいたのは最近のことです。
マルチの、役割は
(1)除草対策です。
 作物が、大きくなるときに作物だけが畑にあればいいのですが、実は畑の先住民は草なのです。だから、どうしても草のほうがそのままにしていると強いのです。そこで、草押さえのためにマルチを使います。マルチを使わないときは、どうするかというと稲わら・麦わらを使ったり、手で草を取ったりします。それができないときは、除草剤を使います。
(2)保温または温度を下げる役目です
 通常のマルチは、黒マルチです。これは、大体秋から春にかけて使います。これは、温度(地温)を上げるためです。
 一方、春から夏にかけては温度(地温)を下げる役割をします。
まったく逆の役割をしているわけです。
(3)肥料の流失を防ぎます。
 これは、主に露地の場合にいえます。露地はどうしても雨等にさらされます。そのままの、状態と比較したら肥料成分ははるかに違いますし、肥料のもちはいいです。


すいません。
トマトケチャップのことを書こうと思っているのに前に進みません。
今日は、ここら辺で勘弁してください。
それでは、又来週続きを書きます。
posted by torigoe at 09:38| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記(代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

2009年明けましておめでとうございます。

2009年明けまして、おめでとうございます。

私は、鳥越農園ネットワークの代表をしています、鳥越和廣と言います。
今年から、皆でブログを書こうと言うことになり、私がトップバッターになりました。57歳の身としては、パソコンを使うのは少々きついのですが、私が言いだしっぺなものですから仕方ありません。
 私の担当は、週1回(月)曜日です。
どれだけ、続くか分かりませんが、宜しくお願いします。
ちなみに、今続けているものは、腰痛体操(2年)、玄米ご飯(2.5年)、家で酒を飲まない(0.3年)です。 だから、どうなんだとからまないでください。
初回、ですので少し自己紹介をさせてください。
1951年生まれ。57歳です。百姓になってから、33年です。
私の、今担当しているものは、無農薬の米作りとトマトケチャップをはじめとする加工品作りです。だんだん疲れて、きました。では、また来週。
posted by torigoe at 17:32| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記(代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。